卒後の進路

アウルフットボールクラブ 卒業生の進路

当クラブの卒業生の進路先一覧です。

第5期生 卒業 2013年
進路先 人数(名)
津田学園高等学校 1
大同高等学校 5
中京大中京高等学校 1
高蔵高等学校 1
その他 1
第4期生 卒業 2012年
進路先 人数(名)
熱田高等学校 1
亨栄高等学校 1
聖和学園高等学校 1
滝高等学校 1
津田学園高等学校 2
同朋高等学校 2
藤枝明誠高等学校 2
弥富高等学校(黎明高等学校) 1
立命館宇治高等学校 1
大同高等学校 2
名東高等学校 1
明和高等学校 1
名古屋市工芸高等学校 1
第3期生 卒業 2011年
進路先 人数(名)
愛知高等学校 1
松蔭高等学校 1
日進西高等学校 1
藤枝東高等学校 1
名城高等学校 1
愛工大名電高等学校 2
惟信高等学校 1
大同高等学校 2
第2期生 卒業 2010年
進路先 人数(名)
松蔭高等学校 2
瑞陵高等学校 1
津田学園高等学校 1
東邦高等学校 1
同朋高等学校 2
中村高等学校 2
弥富高等学校(黎明高等学校) 1
愛工大名電高等学校 1
惟信高等学校 2
高蔵高等学校 1
大同高等学校 5
中京大中京高等学校 1
第1期生 卒業 2009年
進路先 人数(名)
愛知高等学校 1
熱田高等学校 1
市邨高等学校 1
桜台高等学校 1
瑞陵高等学校 1
同朋高等学校 1
中村高等学校 1
名古屋高等学校 1
高蔵高等学校 2
大同高等学校 1

アウルフットボールクラブから育った選手

OWLET FC U-12 浅岡大貴君が 2008年度JFAアカデミーに合格!

アウルフットボールクラブU-12浅岡大貴選手が、
日本サッカー協会エリートプログラム、2008年度JFAアカデミーに合格いたしました。

photo_asaoka
浅岡 大貴君

全国から多くの応募の中から15名の選手が福島県Jビレッジを拠点に6年間日本サッカー協会責任の元、寮生活を行いながらサッカーを中心にオンザピッチ、オフザピッチで指導を受け生活していきます。

私たちアウルFCは若く歴史のまだないチームですが、チーム指導方針の元、集まってくれた選手、熱意ある指導者、それを支えていただいた保護者の皆様、そういったサッカーに対する取り組みが形となって表れた事は本当に嬉しく思います。

浅岡大貴君は小柄で、サッカーや日常生活に取り組む姿勢と、トレーニングで積み重ねた技術(個人技、判断力、フィジカル、メンタル)、そういった部分が評価された結果だと思います。

彼とは、彼が年長の時に出会いました。その選手を初めて見た時は、すばしっこくボールを持つとシュートするまで放さない子でした。合宿では、一人では眠れない・・・そんな一面もありました。しかしその選手に頼ることなく、今年のチームは、みんなが追いつき追い越せでチーム一丸になって戦ってきました・・・。

「個も育て、チームも育てる」時間はかかりますが、アウルが求めている方針が根付きつつあります。(低学年の試合は、歯がゆいですが・・・)

アウルの仲間になってくれた選手たちがサッカーの面白さ・楽しさ・厳しさを知り、お父さんやお母さんなど色々な人に支えられている感謝の気持ちが持てる、そんな選手になれるようにこれからも育てて行きたいと思います。

OWLFOOTBALLCLUB代表 監督 尾関 友英

「JFAアカデミー福島」 について
日本サッカー協会が、2006年から福島県の広野町、楢葉町、富岡町の中高一貫教育と連携して、「JFAアカデミー福島」をスタートさせました。将来の日本サッカーを背負って立つ選手を輩出することを目的に、サッカー選手としてのみならず、社会をリードしていける真の国際人の育成を目指しています。アカデミー生は、居住地の学区にある公立校で中高一貫教育の学校生活を送りながら、サッカーの技術指導のほか、国際性や一流の社会人になるための教育も施されます。
jfa中学1年生から高校3年生までの6年間、地元の中学・高校との連係で一貫教育を行い、日本代表選手やプロ選手を育成すると同時に、国際的に通用する人間を育てるのが目的です。フランス・サッカー協会の育成センターが手本になっています。